スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
作文「キャラメルについて」
                  ぴかぴか

 ぼくは、キャラメルがきらいです。口に入れると、ついかんでしまって、べたべたしてなかなかとれないし、においや味もすきではありません。キャラメルがきらいなのにどうしてしらべたかというと、きらいであまり知らなかったので知りたくなりました。
 どこの国の食べものかと言うと、1882年にロンドンで作られるようになりました。
  次に、キャラメル・ムーのざいをしいたそこどれのかたにながし入れ、室おんでかためます。少し柔らかく、温かいうちに、かたからはずして、食べやすい大きさに切ってできあがりです。
 キャラメルがカラメルソースとだいたい同じなんて知りませんでした。はじめてしらべたとき、おかしの本があまりなかったので、ポプラディアをよんだら、やわらかなあめとかいてあって、キャラメルがあめだってはじめて知りました。大へんだったけど、わかってよかったです。
スポンサーサイト
2007/12/11 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。