スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
続・時間割
今日の、「時間割」で、ものすごくまた、
ぴかぴかの成長を感じました。

連絡帳の中の、明日の時間割が書いてある
ページを見つけ、無事時間割を終えたので、

「宿題は?」

と責めたら

「もう終わったよ!」

えぇーーーっ!?

「時間割ができないと思ったから、
 先に宿題をしたんだよ」

なんと!!

見えるところに置いてある
ぴかぴかの“帰ったらすること”表には、
「時間割」の後に「宿題」があります。

自分で考えて、出来ることを先回しにしたなんて!!

そんなこと、できるようになったんだぁ~~!
しかも、パニックしてる最中にーーー!?

驚きです。

「す、すごいねー!」
うーんと喜び、なでなでしました。^^♪
スポンサーサイト
2007/05/30 | 発達・成長 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
モビルスーツで言うと…
「音楽の先生って、習字の先生もされるんだね」

「うん!
 モビルスーツで言うとね、
 ズゴックかアッガイだね!
 なぜかというとね、ズゴックとアッガイは
 水陸両用だからね!」

へ、へ~ぇ。^^;

2007/05/30 | ぴかぴか語録 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
時間割り
「お母さん…時間割りができない…」

きらきらを迎えに行って帰ってきたら
ぴかぴかが泣いていました。

やっと、きらきらを迎えに行く間だけ
一人でお留守番できるようになったところだったから、
また寂しくて不安になっちゃったのかと思ったら。

「明日の時間割り書いて帰るの
 忘れちゃったみたいで…どうしよう~

なんだぁ^^
「泣かなくていいよ。
 よく考えて思い出してごらん。
 明日は変更があったかなかったか、…」
「そんなのわからない…」

確かに…゛忘れたみたい゛ってことは、
意識がなかったってことで…。

「じゃあ先生に電話して聞けばいいんだから、
 泣かずに、ね。」

「今までこんなことは一度もなかったのに、
 どうしよう~!」
…ははは。まだパニクってます。

学校に電話して、担任の先生がおられた場合と
もう帰られた後の場合のセリフを書いて
説明してから、電話をかけさせました。

担任の先生にかわってもらうまでは
なんとかふんばったけど、
担任の先生の声を聞いたら
また涙涙で…それでも

「明日の時間割り書くのを忘れたので、
教えて下さい…」となんとか伝えました。

どうやら、ぴかぴかはちゃんと書いていた様子。

きっとどこかとんでもない離れたページに書いたんじゃ?
ということで、探したら、ありました!
ちゃんちゃん☆

私と先生は笑いながら、でも、
これからはその日のところに付箋をつけましょう、
という考えも生まれて、良かった良かった。
2007/05/30 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
海気分
湿った砂で遊んでいます。

「手は゛海気分゛だ!
やっぱり潤ってるね、
この砂。」


2007/05/26 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ボールいちじく
「小判草の中からこんなの取り出したよ。
 (小さな丸っこいもの)種かな?
 “ボールいちじく”って言っちゃうな。
 丸いいちじくみたいだよ。」
2007/05/21 | ぴかぴか語録 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
優しいなぁ
私が、不注意でお茶の入ったやかんを
ひっくり返してしまいました。
「あぁぁ

でも、ぴかぴかは優しく
「やっぱり、誰でも失敗はあるんだね。」

って言ってくれました。
ありがと、ぴかぴか。

普段も、きらきらに何か教えるとき、
注意するとき、とっても穏やかに優しく
言ってあげるぴかぴかです。

見習わなくちゃーといつも思います。
2007/05/19 | その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
失礼致しました!
ひとつ前の記事、発表の原稿の中で、
大事なところを間違えていました(>_<)

「自己肯定感を持ってしまうような環境こそ」
ってところ

正しくは
「自己肯定感が低くなってしまうような環境」
あるいは
「自己否定感を持ってしまうような環境」
です。

訂正しておきました。

失礼致しました。
2007/05/18 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
啓発活動第一弾? いよいよ発表の日!
今日は、いよいよ発表の日でした。

懇談会に残ってくださった保護者の方はごくわずかでしたが、
皆さん真剣に話を聞いて下さって、早速声をかけて下さった方もいて、
良かったなぁと思いました。

以下は、発表の話す原稿です。
実際に皆さんにお配りした資料はまた別で、
もっと簡単に箇条書きしたものにしました。

これ見ると「すごい」感じですけど、ここまでにまとめるのに
ホント、何日もかけて苦労しました^^;

今日までに何とかまとまってよかったです。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

発表時の話の原稿
はじめての方もいらっしゃることと思いますので、
改めまして。ぴかぴかの母です。^^

まず、なぜ、短い懇談会のうちの貴重なお時間をいただき、
こうしてお話しさせていただくこととなったかというと、
昨年度の終りに、ふと、もしかしたらみなさんが、
ぴかぴかがなぜ特殊学級なのかということを
知りたいのではないか?ということに気付いたから、なのです。
私は、聞かれればどんどんお話したいくらいで、
実は聞きたくても聞いてはいけない気がして…と皆さんが
思われていることに今まで気がつかなかったのです。
そういう訳で、昨年度から周りの方や先生方と相談していった
結果、今日の発表となりました。

ぴかぴかと特別支援・交流学級、発達障害、特別支援について
(資料を見せ)説明させていただきたいと思います。
この、「発達障害」については、プロの講師が3~4時間かけて
講演してもまだ物足りないというくらい、なかなか簡単に
説明することが難しいので、この10分程度で完全に理解して
いただくのは難しいと思いますが…頑張ります

ぴかぴかの特徴について…一言で言うと、一部、
高機能自閉症・アスペルガー症候群の特徴をもつ、
広汎性発達障害ということです。

「発達障害」について
・「発達障害」は、そうか、そうでないかがはっきり分かれる
 ものではなく、限りないグレーゾーンの中にあり、
 一人一人それぞれみんな違った特徴を持つ
 「目に見えない」障害
です。
 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、
 学習障害、注意欠陥多動性障害などがあり、脳から脊髄までの
 中枢神経系になんらかの障害があるためにおこる特徴と
 考えられていて、一時的な治療で治る病気ではなく、
 愛情不足による心の病気でもない、生まれつきの障害
 ということです。
・「自閉」という字のイメージから、「自閉症」は、内気とか
 人嫌いなどの性格的なものを表すものだとイメージされている
 方が多いかもしれませんが、そうではなくて、先天性
 (生まれつき)の発達障害のことです。
・「アスペルガー症候群」は、知的障害を伴わず多弁なため、
 一見して気付かれないことが多い…ということなどを
 この機会に、理解していただけると嬉しく思います。

ぴかぴかが●なぜ特別支援学級なのかということに
ついてですが…
・一般には、だいたいのことがバランスよく発達していきますが、
 「自閉」には、能力のばらつきがみられます。
 ぴかぴかにも、そういうところが多々あります。
 例えば、学習能力は高く、字を読むこと、またそれを覚えること
 には長けている一方、字を書く、という動作は困難だったり
 します。字を書くことが困難、つまり目で見たもの、書こうと
 思うものを思い出して頭でイメージして、それを手に伝えて手を
 イメージ通りに動かす…一般に無意識にできることが、実に
 複雑なので、時間がかかってしまいます。大勢の教室では、
 みんなを待たせるか一人取り残されてしまうか、ということに
 なってしまいます。
・「学習方法」の違いということもあります。
 …まず問題があると、それに対してみんなでいろいろな意見を
 出し、あれこれ意見交換しながら答えにたどり着く、というのが、
 一般的で、答えにたどり着くまでの過程が大事、なのですが、
 ぴかぴかの場合、問題の次に、すぐ答えを持ってきて、
 その答えを聞いて、「どうして?」と本人が望んだら、
 そこで説明を付け加えたほうが、身に付きます。
 問題提起から答えの間にいろいろな意見があると、
 そこで混乱して困ってしまうのです。
 また、一つのことからでも色んなところに興味が広がり
 とことん追求して学んだりします。
 この独自のペースは、個別のほうが対応しやすい、
 ということです。
・コミュニケーションの問題もあります。
 …この障害の主な特徴でもあり、ぴかぴかにもみられますが、
 言葉の裏の意味、場の雰囲気、暗黙のルールなどをくみ取ること
 が困難です。自分の興味あることをお構いなしにどんどん
 話しかけたり、細かいところにこだわったり、思っていることを
 そのまま口に出したりします。
 一般にはこういうことは「感覚的」に理解していきますが、
 自閉兼の人は一つ一つマニュアルを作って「覚えて」
 いかなくてはいけないので、それらを習得するまでには
 本人には全く悪気はないけれども相手にとって失礼な行為を
 してしまうことになってしまいます。
 特に大人の目のない子ども間ではトラブルになりがちです。
・また、一般には、何かに集中していてもある程度、その他の
 ことにも気付くことができますが、ぴかぴかの場合、
 興味のある事に過度に集中してしまう…たとえば、
 光の中に埃が見えた時には、それを見るのに夢中になって
 しまったり、板の目が気になってしまったり、
 「煙」には特に魅かれますので外では砂に夢中になって
 しまうので、そのため、大事なことを聞き逃してしまう、
 ということもあります。
 こういったことから、情緒学級で個別の学習が適切だと
 思っています。

では、なぜ●交流学級にも行くのか?というと…
主には「ひかり学級」で過しているのですが、3-1でも
交流の時間があり、みんなと一緒に毎日の朝の会、英語活動、
週一回の給食、音楽、体育、生活・総合学習などに参加しています。
これは、可能なところは交流学級に参加し、サポートを受けながら
少しずつ、将来、一般社会で困らないよう、学習していくためです。
おかげさまで、対人的状況の理解や、周りへの意識など、
一般よりは何年も遅れてはいますが、確実に成長していっています。     
また、ほかの子ども達にとっても、こんな人もいる、という、
人に対する理解の学習になると思います。
そして、先生によると、どんな人に対しても変わらない態度で
臆さず接したり、これは何?それはどういうこと?などの
あふれる探究心、のような“ぴかぴかの良い部分”を、
周りの子ども達に吸収してもらえたらいいな、ということも
あるようです。^^

「特別支援」について…は、
お手元の資料をご覧いただければと思います。
私が思うのは、「特別支援」というのは、お金をかけて「特別」
なことをするのではなく…“ちょっとした「気配り」”のこと
ではないかな?と思うのです。
たとえば…自閉の人は、いろんな感覚にすごく敏感なので…
*温度の調整をする
*何か注意をする時には、大きな声を上げるとただ単に
 「びくびくする不快な音」としか捉えられないので、
 普通のトーンで話す
*大勢の中では、自分にも話されていることに気付きにくかったり、
 何かに集中していたりすることがあるので、話す前に名前を
 呼ぶなどして注意を向けてから話す
*“気がそれてしまうような物”を周りに置いておかないように
 する
などです。

「障害」とは
…私がいつも思っていることは、障害があってもなくても、人は、
自己肯定感が大事だと思うのです。
それには環境が大切だと思います。
「障害」は、全くもって否定されるものではなくて、
自己肯定感が低くなってしまうような環境こそ否定すべきもの

だと思います。
ある方によると、身体・知的・精神などの、機能不全があるから、
人は「障害者」なのではなく、周りの理解や支援がないといった、
環境が整わないために活動が制限されたり、社会に参加できなく
なったりして、初めて人は「障害者」になる、ということですが、
その通りだと思います。
特にアスペルガーなどの特徴を持つ人は、
難しいことを理解しているのだから当然こんなことはできるはず、
やらないなんて、努力不足だと思われて、責められ続けてしまい、
それによって「二次障害」という大変悲しい状況になりがちです。
近眼や老眼の人に対して、眼鏡なしで努力して物を見なさい!
という人はないように、目が悪い人にとって「眼鏡」という支援が
自然なことであるように、「発達障害」のような目に見えない
困難に対しても、ちょっとした声掛けなどの「心配り」という
支援が当たり前みたいな社会になるといいなぁと思います。

ぴかぴかはというと、これまで、地域の皆様、幼稚園、学校、
家族、という周りの環境にとても恵まれてきたため、
二次障害もなく自己否定感もなくとても健やかに成長しています。
本当に感謝の日々です。

ちなみに、というか、あまり関係はないですけど、私がいつも
サングラスをかけているのでよく目にされているのではないかと
思いますが、これ、「オシャレ」ではなくって、実は、
明るいところでは眩しくて目が開けられないので、こうして
自分に「支援」しているのです^^

その他
ぴかぴかは「発達障害」だからと言って、努力しないでいい
ということではなく、努力して成長していかなければいけません。
ぴかぴかは、少し変わったところがあるけれど、みんなと同じように
考えたり感じたりしながら、頑張って日常生活を送っています。
これからも、みなさまに助けていただくことが多くあるかと
思いますが、努力して社会的なルールを身につけるなど、
自立に向けて頑張っていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

最後に…私は、ぴかぴかのおかげでとても幸せです。
就学前、当時は「発達障害」のことなど全く知らなかったけど、
特殊学級を勧められた時「あぁ、よかったー」と思いました。
私は、ぴかぴかのことで“大変”というよりも、逆に毎日とても
楽しくて、たくさんの方との温かい触れ合いがあり、出会いがあり、
ラッキーだなぁと思って感謝しています。
なので、ぴかぴかのことをお話しするのに抵抗は全くないのです。
もし、もっと知りたい、とか、お話したい、という方が
ありましたら、どうぞお気軽にお声をかけてください。
だだ、私、「話す」ことは、とても苦手なのですけど…(*^^*)ゞ
良かったら、ぜひ…。

今日は貴重なお時間をいただき、ぴかぴかのこと、
発達障害のこと、特別支援のこと等、色々なお話を聞いて下さって、
どうもありがとうございました。

                2007.5.18. たまご

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*
こんな資料も添えて…

20070518103036.jpg


これももっと初めはたくさんで複雑でしたが、第一弾として、
ここまでにまとめました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

はー。なんとか終わりました。
これからどんなことになるかなぁ。

わくわくです。

読んで下さった方、どうもありがとうございました。
2007/05/18 | その他 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
完全なる…
「Mくんが、バッタを殺しちゃったんだよ…
 ぼくが、かわいそうだよって言ったのに…

 ぼくは、ぼくの机の下で死んでいた
 カマドウマを、土に埋めたんだ…

 完全なる死体だったよ。
 きれいな形だった。」

そんなぴかぴかは、最近、
本の誤字を見つけるのが得意です。
2007/05/16 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
意識調査
先日、学力調査がありました。

ぴかぴかも、してみることにしました。

頑張って問題を解いていたようです。

最後に、本人の意識調査があったそうです。

その中の、
「自分は周りから理解されているか」
という問いに、少し考えてから
割とわかってもらっているよね、と、
理解してもらっている上位の方にチェックをし、
「家族の中でも大切にされている」
という意識も上位にあるようです…

と、先生からきいて、
先生とともに驚きました。

ちゃんとそういう風に自分のこと、思っているんだ。

そのことを、考えて、テェックした、
ということだけでもすごい!って思うんですけど!

今日、知り合いから、また
「込み入ったことを聞くようで申しわけないんだけど…」
と前置きされてから、ぴかぴかはどういう状態なのか?
なぜ特殊なのか?を聞かれました。

あぁ。やっぱり、みんな知りたいけど聞けなかったんだなぁ。

いくらでも普通に聞いてくれて構わないのに。

見た目も、話をしてみても、全く普通なのに、なぜ?って。
通常学級でいいんじゃない?って。

ちょうど昨夜、発表に向けての原稿を仕上げた私は、
熱く語ってしまいました^^
でもそれで、良くわかっていただけたようです。

これからはどうするか、まだ分からないけど、
これまでのところは、やっぱり良い環境にあったことで
良いところをしっかり伸ばして
ぐんぐん成長していっている…

先生とそう、確認し合った「意識調査」でした。
2007/05/11 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
家庭訪問&啓発活動第一歩?
家庭訪問が終わりました。

新しい担任の先生と、たくさんお話ししました。

最近の学校での様子を聞いて、
また一段と成長したぴかぴかを感じました。

先日、交流学級でみんなとゲームをしたそうです。
そのゲームで、負けて泣いていたのだそうです。

今まで、ゲーム自体、あまりしたがりませんでしたが、
して楽しんだとしても、ほとんど勝敗にはこだわらず、
勝っても負けてもどっちでも、
そこに興味はありませんでした。

だから、みんなとのゲームに参加し、
さらに負けて悔しい悲しいということを
味わうようになったんだ!
これまたすごい進歩だなぁ!と感動しました。

そんな日常の様子や、これからの教育指導について、
色々と話しているうちに、あっという間に
2時間半も経っていました。

そして、前任の先生と進めていた啓発活動の第一歩、
新しいクラスの保護者さん達に向けて、
ぴかぴかのことを絡めた発達障害についての
発表の話。

しっかり引き継いでおきますということでしたが、
どうやら全く知られていないようで、
動機のところから説明する羽目になりましたが、
早速先生が、通常学級の担任の先生と相談され、
今度の懇談会でやってみましょうということに。

うわー。
このところ、気持ちが逸れていたから
全然まとめていなかった!
懇談会は来週!

講演会で、プロの講師が4時間かけて講演しても
まだ物足りないという、難しいことなのに、
5分程度でどういう風に説明したらいいんだろう?!

しばらく寝不足の日々が続きそう…(>_<)
2007/05/09 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
しゃぶしゃぶ
お泊まり会で、
子供達はしゃぶしゃぶをしました。
「食べ物の温泉だね!」
お肉はきっちりきれいに
広げてからお湯に投入。
アクも気になります。
最後はお湯のなかの油を
くっつけ合って大きくするのに
ハマって、おおいに楽しんだぴかぴかです。
こりゃーこれから家でもするハメに?



20070509192730.jpg

2007/05/02 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。