スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
市教委へ出向きました。
結局自分でどうしたいのかもまとまらないままでしたが、
私は、とにかく中学校がこんな状況だということを聞いて欲しいんだと思い、
市の教育委員へ行って話を聞いてもらってきました。

その生徒や先生をピンポイントで責めて欲しい訳ではなくて、
つまりこういう状況が残念だということを聞いていただきました。

市教委の方でもこの中学が落ち着かない状況にあることは把握していて、
これからどうしていこうかというところだというところだそうです。

また今日の先生からの反応がどうだろうかというところですが、
少しずつでも良い方向に向かっていけたらいいなと思います。
スポンサーサイト
2012/02/16 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ヒラメの放流
社会科の学習で、ヒラメの放流体験と漁業関連施設見学に行きました。
帰ってから書いた作文です。


「ヒラメの放流」

 今日、ヒラメの放流をしました。ヒラメは、10センチほどで、ザラザラしていました。放流したら、しずんでいきました。(1尾は水面にいたけど)
 次に、加工場に行きました。カニのはさみのカラを、電気ノコギリで切って、食べやすくするところです。なんと、1つ食べさせてもらいました。こおっていたけど、カニの味がしました。もう1つは、あごだし(給食用)を作っているところでした。切っているところは生ぐさかったです。それから干して作っていました。その後に、水産技術センターに行きました。ウニとヒトデのあみの下はヤドカリ天国になってました。小さいのをつかんでみました。スルッと貝がらに入ってました。ヒトデは口がどこか分かりませんでした。ヒラメは見るだけにしました。手をかまれたら大ケガになるからです。帰ったときはヘトヘトでした。でも楽しかったです。



何も見ないで良く書けたなぁと思いました。
色んな事をしっかり見て聞いて感じてきたんだね。
「どう?」というので、
「よく書けてるねー。でも、話が変わるところでは行を変えて一マス空けるといいよ。」
とアドバイスしておきました^^
2009/06/25 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
無事修了。
今年度の修了式でした。

担任の先生との今年度最後の懇談で、
この一年を振り返り、また来年度の計画を話し合いました。

この一年、ぴかぴか、とても頑張ったんだなぁ。

皆様のおかげと、本人のがんばりで、
たくさんたくさん成長していました。

素晴らしい!

来年度は、ぴかぴかの学級に数人の新一年生が仲間入りするようですv

必然的に一人で行動したり、しっかりしなくちゃいけなくなります。
うふふ。またうんと成長することでしょう。

来年度もまた一緒に頑張ろうね。
2008/03/24 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
作文「キャラメルについて」
                  ぴかぴか

 ぼくは、キャラメルがきらいです。口に入れると、ついかんでしまって、べたべたしてなかなかとれないし、においや味もすきではありません。キャラメルがきらいなのにどうしてしらべたかというと、きらいであまり知らなかったので知りたくなりました。
 どこの国の食べものかと言うと、1882年にロンドンで作られるようになりました。
  次に、キャラメル・ムーのざいをしいたそこどれのかたにながし入れ、室おんでかためます。少し柔らかく、温かいうちに、かたからはずして、食べやすい大きさに切ってできあがりです。
 キャラメルがカラメルソースとだいたい同じなんて知りませんでした。はじめてしらべたとき、おかしの本があまりなかったので、ポプラディアをよんだら、やわらかなあめとかいてあって、キャラメルがあめだってはじめて知りました。大へんだったけど、わかってよかったです。
2007/12/11 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
授業参観と個人懇談

ぴかぴかの主要教科の授業参観、
入学して以来、個人的に希望していました。

今まで、交流学級と一緒の、イベントみたいな
授業参観ばかりで、算数とかの普通の教科の
授業参観はいつも対象外で、
経験したことなかったので…。

今回先生にお願いしたら、
すぐに設定して下さいました。

そして今日、初のさんすうの授業参観を
させていただきました。


ぴかぴかは、今日はとても集中して、
与えられた課題を一瞬で次々と解いていき
今日の授業はあっという間に終わりました^^

ぴかぴかの問題は、内容がわかるか
わからないかではなく、
他に気になることがあった時には
全然進まないということ。

でもそれはわかっているので
私としてはどうということではなく、
ただ、今日見ていて、
“勉強ってたのしいなー♪”
って感じでとっても楽しそうに
問題に取り組んでいたことが
嬉しかったです。

先生は、40人の生徒を一度に相手にする
通常学級も大変だけど、
こうして違う学年の子どもたちを同時に
授業を進める先生も、とっても大変だなぁ…。

特にぴかぴかたちは、一度にたくさんの
課題は難しいから、細かく課題を準備し、
それをやってる間に他の生徒の授業…
細切れにあっちに行ったりこっちに行ったり
そのたびに頭の中を切り替えて対応
しなくちゃいけない…。

うわー。
先生、大変です。
いつもありがとうございます。

それから色々お話ししました。


午後の個人懇談では、
これまでの課題とここまでのまとめ、
これからの課題などなど、もっと
色々話し合いました。


幼稚園の時からずっとそうだけど、
ぴかぴかの先生とぴかぴかについて
お話しする時間ってとっても楽しい♪

ぴかぴかのお陰で先生といっぱいいっぱい
お話しできるし、ほんと嬉しいです。


いつでもどの先生も、ぴかぴかのことに
一生懸命考えて下さって、本当に
ありがたいなぁと思います。


今日も幸せな一日でした。

2007/12/07 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
お手伝い募金
小学校の親善委員会さんが
「赤い羽根共同募金」を集めていました。

募金箱をもらって、組み立てて…
でも、箱をなくしたり、忘れてたりで
今まで一度も持って行ったことがないぴかぴか。

今年は協力しようよ!

という訳で、期間中、ぴかぴかが何か
お手伝いをしたら、5円を募金箱に
入れてあげることにしました。

毎日2,3個お手伝いをしてくれて、
大した金額ではないけど、ちょっと貯まりました。

昨日提出日だったのに、お休みしたので
今年もまただめかー…と思ったら
担任の先生がわざわざ家まで来て下さったので
無事提出することができました。


来年もお手伝い募金にしようね(^_-)v
2007/12/04 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
とろけたよ~v

昨日は待ちに待った「さつまいもショップ」の日でした。

自分たちで作ったさつまいもを、売る日です。
(お客様は学校の先生方です。)

ぴかぴかは毎年、この日をとても楽しみにしています。

今年もまた、お芋を掘って、きれいにして、
大きさ別に分けて、市場のさつまいもの値段調べをして、
ポスターを作って職員室に貼り、チラシを作って
先生方に手渡しをして、いよいよショップ当日…

「いらっしゃいませー」「ありがとうございましたー」
大きな声で言いながら、袋に詰めたりお渡ししたり、
今年は売り上げの計算もしたそうです。

「○○先生が買ってたよ」「完売したよ!」…

今年もショップは大盛況に終わったようで、
良かった良かった。
先生方、ご協力ありがとうございました。


さて今日は、ショップに出さなかった小さいお芋で
焼き芋をする日、でした。

これは今までにない試み。きっと、以前
「子ども達にぜひ焚火で焼いた焼き芋を食べさせたい」
と言っておられた校長先生が実現して下さったんだと
思います。子ども達はこれも楽しみにしていました。

しかし、残念なことに今日は雨でした。

中止になった焼き芋の代わりに、
「スィートポテト作り」となったようです。

こちらは時々実習で作っているのですが、
今日はなんとなんと、お土産を持って帰ってくれましたv


20071120170428.jpg

「とろけるみたいにおいしいよ♪」

「ありがとーv」…ほんと、とろけたよ~♪
美味しかったよ!ごちそうさまーv
2007/11/20 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
連絡帳より。
「今日は、いも掘りをしました。大きな芋やマイク型の芋、
 とっても小さな芋、と、そのたびごとに大騒ぎでした。
 友達を助けに行ったり、スコップで掘ってはミミズを
 見つけたりしました。全部で148個の芋がとれました。
 明日は、そのいくつかを使ってスィートポテトを作ります。」


先生より。今日も楽しかったんだねー。
毎年、ぴかぴかたちの特別支援学級では、自分たちで
植えて育てたサツマイモを収穫したら、調理実習したり、
サツマイモショップを開いたりします。
(サツマイモショップのお客様は学校の先生方)

このサツマイモショップは、毎年ぴかぴかがとても
張り切って、楽しみにしている行事です。

たくさんのお客様(先生方)が来てくれるように、事前に
ポスターを作って貼ったり、近くのお店などで値段調べ
をしたり、当日は計算してお金のやり取りをしたり、
袋に詰めて「ありがとうございました」って渡したり…。

毎年大盛況で、売り切れで喜んでいます。
去年は芋が足りなくて、仕方なく急きょ畑から大根を
抜いてきて、代わりに売ったくらいです。

売上は、クリスマスに、お店に行って買い物学習v
スペシャルクリスマス会のために使います♪

今年もたくさん売れるといいね^^

ご協力くださる先生方、ありがとうございますv
2007/11/05 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
校長先生と語る会

午前中は、小学校で年に一回の、特別支援学級の保護者と
校長先生他との話し合い、「校長先生と語る会」でした。

この学校の先生方はとってもいいなぁっていつも思うのですが、
こういう会があるっていうこと自体が素敵だなーって
毎年思います。

今度の校長先生は本当にみんなの話をよく聞いて下さいます。

こういう、特別支援の保護者だけでなく、これからはもっと
他の一般の保護者さんも一緒に語り合う場、というのが
できたらいいですね、発達障害の講演会などについても
検討していきましょう、などなど…

これからますます、特別支援について、たくさんの方の
理解とともに、特別支援は特別なことではなく、
当り前の手助けとして、特別支援の必要な子ども達だけでなく、子ども達全員が心豊かに成長していかれることを願います。

2007/10/26 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
土鈴作り

「地域に開く授業公開日」。

ぴかぴかたちは、校長先生に作り方を習って土鈴作り。

私もすごく勉強になりました。
なるほど、そうやって鈴は作られるのね。
あの、長い隙間の横の丸いところには
そんな意味があったのね。

20070928161800.jpg
20070928161816.jpg
20070928161848.jpgおぉーい。
            時間ないのに細かすぎるよ!

20070928161906.jpgどうにかこうにか時間内にできた
             出来上がりのグリプトドン土鈴。



20070928161836.jpgちなみにこちら、
            
お隣のお友達T君の作品。
                  かわいいv

これから1か月ほどよーく乾かして、
校長先生が、ご自宅にある窯で焼いて下さって
完成です。

楽しみだねー。

あぁ、いいなぁ。
私もやりたかった!!

絶対来年度は親子活動にしてもらおー!!

2007/09/28 | 学校 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
写生会
今日は、3年生と4年生は、写生会。

「ぴかぴかは何描くの?」

「ぼくはね、ガソリンスタンド!」

…へ~~~;
田舎で育った私は、写生って言ったら
海とか船とか、山とか描くもんだって思っちゃうけど…

今日の仕事は昼前からだったので、
写生現場のぴかぴかの前を通り過ぎました。

うわー。何人もいる…。

その先にもたくさんいる…。

で、下校の時聞いてみると、
ガソリンスタンドを描いていたのはぴかぴかだけで、
その他のみんなは、向かいのパチンコ屋さんを
描いていたんだって!

綺麗だから、って。
…へ、へ~…

それってどうなんだろ?
2007/09/26 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
リコーダーのテスト

今日の音楽は、交流学級でリコーダーのテスト。

テストに合格した人はまだの人を教えてあげる、
ということになっていて、ぴかぴかは遅れて行ったので、
担任の先生と一緒に練習していたそうです。

すると、合格した子ども達が数人、
「私達がおしえてあげる。」ときてくれたそうです。

先生は“ぴかぴかさんはまだドレシラソが
きちんと解ってないけどな…”と不安でしたが、
みんながとても上手に教えてくれて、
テストのところにもついて行ってくれたそうです。

そして…
「先生、ぴかぴかさん、合格したよ~!!」
とみんなからの報告v


うわぁ。なんて素敵!

ぴかぴかは多分、そのお友達たちの意識はない…
けど。ありがとうありがとうv

周りのお友達が上手にサポートしてくれるなんて。
しあわせだね。よかったね。

とても嬉しいです。
みなさん、どうもありがとう!

2007/09/20 | 学校 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
陶芸
ぴかぴかは学校で、校長先生に陶芸を教わりました。

亀を作ったり、ワニを作ったり、お皿やカップを作ったり…。

とってもとっても楽しかったようです。

その中のカップには、たまごの絵を描き、
大きな取っ手をつけ、その上にまた
たまごをくっつけてあるそうです。

「お母さん、“たまご”でしょ。
 だから、たまごにしたよ。」

えーー!そうなんだ!
それって、なんだかとっても嬉しいよ。
ありがとうね。

色つけは、校長先生がしてくださるそうで、
「白く塗ってねって頼んだよ。」

一ヶ月くらい乾燥させた後、校長先生のお家の窯で
焼いて下さるということです。

出来上がりが楽しみだな~。

いやーでも、楽しそう!
来年は親子活動にしてもらおう!!
2007/09/12 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
オクラ
20070912201109
※手はきらきらの。

大きいね!
学校の畑で出来たのもらってきたよv
2007/09/12 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
新築校舎の特別支援学級

今夜はぴかぴかの学校の、校舎新築検討プロジェクトの
委員会の日でした。

今日は、設計案に対しての意見として、
ずっと心配でたまらなかった、特別支援学級の
具体的な要望を意見することができ、
なんとかなるかもしれないっていう
ちょっと希望が持てる見通しになってきたこと、
とても嬉しく思いました。

私は、特別支援学級の子ども達が、自然に
みんなの中にいて当たり前、ということにこだわって、
そうなるよう努力して現実にしていきたいのです。

他の委員の方から、それは私の感覚であって、
特別支援学級はみんなの見えないところにして欲しい
という保護者がおられるのではないですか?
孤立させるのがなぜ駄目なんですか?
と言われたのですが、

私は、そんなことを思う方がおられる状況こそが
問題なのであって、そこを変えていかなければ
いけないと思います!!

支援が必要な子ども達を、特別な子ども達に
してはいけないと思います。

手助けがいるお友達がいるのが当たり前、
私は、特別支援学級の子ども達に対してより
むしろ、そのほかの子ども達を育てるためにも
必要なことだと思います。

私に疑問を投げかけられた委員の方は、
多分未だ納得されてないご様子ですが、
ここはがんばっていきたいと思っています。

これは、私だけではなくて、実際に関わっておられる
先生方の意見でもあるのです。

お願いのしどころ、問題はその委員さんではなくて、
教育委員や設計事務所さんにいかに伝わるかって
ことなのですけど。

私がもしこのプロジェクトに関わっていなかったら、
私もこんなに真剣に考えて意見しなかったかも知れないし、
ほんのわずかな特別支援学級の先生方の
大事な意見をどこまで取り上げて下さるのかとか
全く見えなかったし、関係者が意見されることなく
特別支援学級はあまり重要視されず、また
端に追いやられるところだったかも知れない…
なんて思うと、本当に、この今の状況に感謝です。

図書館ボランティアの事務局に関わらせていただいた
ことで、プロジェクト委員に登録させていただくことが
できたこと、そこからこんなにも特別支援学級のことを
皆さんに考えていただくことができるようになったこと、
とてもとても有難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、この先利用される皆様にとって、
良い校舎ができますように…。

皆さんと、力を合わせて頑張っていけたらいいなぁ
と思います。

2007/08/28 | 学校 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
意識調査
先日、学力調査がありました。

ぴかぴかも、してみることにしました。

頑張って問題を解いていたようです。

最後に、本人の意識調査があったそうです。

その中の、
「自分は周りから理解されているか」
という問いに、少し考えてから
割とわかってもらっているよね、と、
理解してもらっている上位の方にチェックをし、
「家族の中でも大切にされている」
という意識も上位にあるようです…

と、先生からきいて、
先生とともに驚きました。

ちゃんとそういう風に自分のこと、思っているんだ。

そのことを、考えて、テェックした、
ということだけでもすごい!って思うんですけど!

今日、知り合いから、また
「込み入ったことを聞くようで申しわけないんだけど…」
と前置きされてから、ぴかぴかはどういう状態なのか?
なぜ特殊なのか?を聞かれました。

あぁ。やっぱり、みんな知りたいけど聞けなかったんだなぁ。

いくらでも普通に聞いてくれて構わないのに。

見た目も、話をしてみても、全く普通なのに、なぜ?って。
通常学級でいいんじゃない?って。

ちょうど昨夜、発表に向けての原稿を仕上げた私は、
熱く語ってしまいました^^
でもそれで、良くわかっていただけたようです。

これからはどうするか、まだ分からないけど、
これまでのところは、やっぱり良い環境にあったことで
良いところをしっかり伸ばして
ぐんぐん成長していっている…

先生とそう、確認し合った「意識調査」でした。
2007/05/11 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
家庭訪問&啓発活動第一歩?
家庭訪問が終わりました。

新しい担任の先生と、たくさんお話ししました。

最近の学校での様子を聞いて、
また一段と成長したぴかぴかを感じました。

先日、交流学級でみんなとゲームをしたそうです。
そのゲームで、負けて泣いていたのだそうです。

今まで、ゲーム自体、あまりしたがりませんでしたが、
して楽しんだとしても、ほとんど勝敗にはこだわらず、
勝っても負けてもどっちでも、
そこに興味はありませんでした。

だから、みんなとのゲームに参加し、
さらに負けて悔しい悲しいということを
味わうようになったんだ!
これまたすごい進歩だなぁ!と感動しました。

そんな日常の様子や、これからの教育指導について、
色々と話しているうちに、あっという間に
2時間半も経っていました。

そして、前任の先生と進めていた啓発活動の第一歩、
新しいクラスの保護者さん達に向けて、
ぴかぴかのことを絡めた発達障害についての
発表の話。

しっかり引き継いでおきますということでしたが、
どうやら全く知られていないようで、
動機のところから説明する羽目になりましたが、
早速先生が、通常学級の担任の先生と相談され、
今度の懇談会でやってみましょうということに。

うわー。
このところ、気持ちが逸れていたから
全然まとめていなかった!
懇談会は来週!

講演会で、プロの講師が4時間かけて講演しても
まだ物足りないという、難しいことなのに、
5分程度でどういう風に説明したらいいんだろう?!

しばらく寝不足の日々が続きそう…(>_<)
2007/05/09 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
またも体操服袋が…。
「忘れ物ない?」
「うん!」
「体操服の袋、いるんでしょ?持った?」
「うん!」
「いってらっしゃーい!」
「いってきまーす!」

その後、自分の仕事の「新聞取り」をしてから
登校した様子。

しばらくして玄関をみると…。

あちゃー。
新聞の下に、体操服袋が置き去りじゃん

新聞を取ってきて、体操服袋の上に広げて、
四コマ漫画を読んで、行ったらしい。^^;

相変わらず、おもしろい。

今日の体育は制服のまま、50m走の記録をとったらしい。
一生懸命頑張っていたとか。
それなら、よかったよかった。

2007/04/26 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
いい考え
ぴかぴかは、一年生の時から、
「理科」「社会科」「6時間目」がある
3年生に憧れていました。
いよいよこの春から、その待望の3年生!
春休み前から毎日「理科はいつから始まる?」を連発。
来週の月曜日、やっと理科の初めての授業です。

「やったー!」
先生が、黒板に予定を書かれた時、
飛び上がって喜んだとか。^^

帰ってからも、
「月曜日は理科なんだよね~♪」
とウキウキ。

「あ!そうだ!土曜日と日曜日の間に、
 まずどんなことするのかよく見ておこう!
 ね、いい考えでしょ?!」


もちろん!素晴しいことですv
それは、予習っていうのよ。

でもすでに、教科書をもらって以来
ずっと読みふけってるじゃん。
ははは。楽しみだね。
2007/04/13 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
悲しいです。
うちひしがれるって、こういうことでしょうか?

特殊学級の担任の先生の移動が決まったそうです。

信じられない!…いえ、信じたくありません!!

なんで…。もう?
情緒学級の担任が、こんなにも短期間で
かわっていいものでしょうか?

とても信頼のおける先生。
ぴかぴかのことを、世界中の誰よりも理解し、
いつでもぴかぴかの為に一生懸命前から後ろから
支えてくださっている先生。

ぴかぴかにとっても、だけど、私にとっても
かけがえのない存在で、どんな些細な出来事でも
話せて、また、きちんと受け止めてくださる先生。
毎日お忙しいのに、まるで交換日記みたいな
連絡帳に付き合ってくださる先生。

これからの活動のことだって、この先生が
いて下さるからこそ、出来そうだと思ったし、
やってみようと思ったから…。

これからのこと、今は考えることが出来ません。

もう、涙が止まりません。
別れは、あまりに辛く悲しいです。

先生に会えるのはもう、明日が最後かもしれません。
これまでの感謝の気持ち、どう伝えたら良いでしょう…。

あぁ…
なかなか受け入れ難くて頭が真っ白っていう感じですが…

先生、この2年間、大変お世話になりました。
ありがとうございました!
2007/03/22 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
状況とタイミング
先日、小学校の授業公開日でぴかぴかは、
得意の暗唱を披露しました。

皆さんが「素晴らしいね!」って言ってくださって、
嬉しく有難いことでした。

ぴかぴかが、みんなに認めてもらって良かったけど、
悲しいかな、もうすぐクラス替えになっちゃうなぁ。

と思っていたら、特殊の担任の先生が説明してくださいました。

得意なことをクローズアップすると、すごいって思われるのは
いいのですが、逆に弱い苦手な部分が出たときに、
「あんなことができるのになぜこれができないの?」と
かえってぴかぴかが過ごし難く辛くなってしまうので、
これもかなり考えて、2年間一緒に過ごしてきたこのクラスの
今の状態なら大丈夫だろう、と思って思い切って
披露してみることに決めました、ということでした。

なるほど、その通りだなぁ…。
何が問題で、何を解って欲しいかというと、
発達のアンバランスなところ、なんですよね。

一般的な、どれも同じように発達するのが常識で当然だという
意識しかなかったら、「あれができるんだからこれも当然
できるはず」と、弱い部分を頑張っていてもなお「なまけてる」
と捉えられてしまうこと…。

でもその部分は、文章だけで教わっても、ちょっと一緒に
過ごしただけ、ではなかなか理解できないところです。

先生も、きっとたくさん勉強されたことと思いますが、
その上で、何年もかけてたくさんの関わりを持ってやっと、
あぁ、そういうことかぁ…とわかってきた感じ、
なんだそうです。

そこを解ってもらおうと、これから活動しようとしている自分は
大胆だよなぁ…そんなことほんとに出来るのかなぁ…
かなり不安です。

何にしても、状況とタイミングってあるんだなぁ…
もっともっといろんな状況や立場でものを見たり考えたり
しなくっちゃ!と、また勉強になったのでした。

2007/03/20 | 学校 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
今日のスピーチ
今日学校に迎えに行ったら、担任の先生が、

「今日のぴかぴかさんのスピーチはとても素晴らしくて、
 恐竜についての、ある仮説について話されました。
 仮説が3つあって、これこれこういう理由で自分は
 3つ目の仮説が一番合っていると思う、というお話を
 きちんとまとめてお話されました。私達教員、拍手喝采!
 でございました~ 
 また、おうちでも褒めてあげてください


と報告して下さいました。
ほー。今日のスピーチは大成功だったようです。
すごいね!そして、良かったね!
2007/02/22 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
作文・じゃがいも大作戦
 「しゅうかくさい」

 今日、しゅうかくさいにいきました。カレーは、
おいしかったです。
 食べた後、しばらくして、カレーがなくなって
しまいました。なんと、250人分も作ったそうです。
ゼリーもおいしかったです。
 食べた後、おなかいっぱいでフラフラになって
しまいました。あと、じゃがいもはやわらかかった
です。
 ふくじんづけも、おいしかったです。
 九九のはっぴょうは、ちょっと大へんでした。
はっぴょうは、1組、2組、3組のじゅんでした。 
2007/01/20 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
なかよし発表会
今日は、「なかよし発表会」でした。

今年で第42回目になる、歴史ある発表会で
新しい市になってからは第2回目の、特殊学級・養護学校合同の発表会。

ぴかぴか達の出番は、一番最初からでした。
最初のオープニングで、「めざまし体操(第2)」を踊ってました。
一人、とっても上手なお友達がいて、その子を真似ながら楽しそうに動いてました。
なんともぎこちないところがかわいかったです。

次に、ぴかぴか達は他の3校と合同で、バラエティ「ことばひろば」を発表しました。

いろはかるたや百人一首の紹介をした後、ぴかぴかの主な担当!
他校のお友達と代わり番こに最後に「ス」のつく言葉を言っていきます。
ところがここでハプニング発生!
相手のお友達が、順番の言葉を一つ飛ばして次の言葉を言ってしまいました!
ぴかぴかはどうしていいか分からず、かなりの時間、止まってしまいました。
先生が何度かやってきて、やっと進むことができました。
次に、同じ学校のお友達との掛け合い、これはバッチリでした。
いつもの名コンビです。
一つ年上のそのお友達が、ハプニングの後でそっとぴかぴかの背中に
手を添えてくれていたのが印象的でした。

去年もそうでしたが、今年も舞台でとてもニコニコ楽しそうでした。

でも、ぴかぴかの場合、いつもニコニコ楽しそうで、
幼稚園の時、「ぴかぴか君はいつも幸せそう♪」ってみなさんに言われてました。
私もそう思っていましたが、小学生になって説明できるようになったのでわかりましたが
実は、どうしていいか分からず不安な動作なのでした。

でも今日は、出番が終わった後も、他のお友達の劇を楽しんでいたし、
帰ってからも楽しそうに色々説明してくれたので、
本当に楽しんでいたみたいです。

頑張ったね!お疲れ様!
2006/12/08 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
図工
「明日はなんとねー!久しぶりに図工だって!!」

ぴかぴかは学校の授業では、図工が一番好きです。
(私もそうだったけど^^;)

だから、ペースに乗れない週明け月曜日の時間割には、
図工があります。

でも、このところは、学習発表会の練習その他で、
ずっと図工がありませんでした。

明日は、4月以来久しぶりにねんどに触る、んだそうです。

「ぼくの計画ではね、へびがたまごを食べているの!」

へびがたまごを食べているところを
粘土で再現するようです。

明日は水曜日なんだけど、スペシャルだねぇ!
楽しみだねー♪
2006/11/21 | 学校 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
学習発表会
今日は、ぴかぴかの学習発表会でした。

ぴかぴかは、苦手なピアニカを、最初と最後だけ
合わせる!というのが目標だったのですが、
ホントに最初と最後だけ、やってました。(~_~)
途中も、やらなくってもフリしておけばいいものを、
ピアニカを口から離してまっすぐ向いて立ってました。(´~`;)

他に、ケチャや台詞、「今日はバナナの日」の歌、など、
自分の場所にきちんと立って、やり遂げました。

終わった後に出会ったとき、まず「どうだった?」って
聞いてきたので「よかったよ」って言いました。
「でしょ?がんばったよ!」…とても満足そうでした。

正直、あんまり参加してないように見えたんだけど…
あれで、すごく頑張った!ということです。

連絡帳には「練習の成果を発揮されました。どうぞ
褒めてあげてくださいませ。」とありました。

ぴかぴかの自己評価は、「100点くらい、かな?」…
満点なんだー。本当に頑張ったんだね。

自信の持てる成功経験が出来て、良かったね。

私は、こうして皆と一緒に発表なんかしてるの見ると、
改めて、他の子とは違うんだなぁー…と実感しました。
それはまぁ別に、だから嫌だとか、マイナスに考えてるとか
そういうことではなくて…。

このところぴかぴかが、やらなければならないことを
さっさと出来ないことにイライラしちゃって、ついつい
怒ってしまう自分を反省したワケで。

「いつかできるかもしれない」ことを今「ナゼ出来ないの?」
「ナゼやらないの?わからないの?」つい焦ってしまいます。

「どうしてあげたらいい?」「どう声掛けしたらいい?」と
考える余裕がなくなっています。

心の余裕を取り戻さなくっちゃ…
と、母は密かに反省した発表会でした。
2006/11/10 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
忙しい
「今日はなんだか忙しかった」

とは、ぴかぴかにとって「すごく大変な日だった」
ということです。

このところは、音楽で学習発表会の練習の、
ピアニカをしています。
交流学習(通常学級)の音楽の授業でこの
ピアニカ練習があった日は、
「忙しかった」と言います。

ピアニカ練習は、かなり苦痛でストレスのようです。
本人がそういう表現をするわけではありませんが。

まず第一に、音がすごいですね。
小学校2年生が、それぞれピアニカの練習しているわけで、
先生でもキンキンするくらいの「雑音」だそうで、
感覚過敏なぴかぴかにはきっとすごく耐え難い音
なんだろうなぁと思います。

それから、一度に二つ以上のことを考えることは苦手なので、
息を吹きながら、次の音を思い出しながら、鍵盤に合う指を
置いていく…なんて、
「ぼく、頭がガチャガチャして、すごく忙しいんだ!!」
って、それを自分のペースでするだけでも必死なのに、
みんなに合わせなくちゃいけないんだから、もう
「ついていけない」んですね。
「ぼく、一人でひかり学級で練習しなくちゃいけない」
って、言ってました。

これが、今年の進歩です。

昨年は、授業前の休憩の時間ですでにもう、みんなの練習音に
耐えられなくて、パニック!…教室を飛び出してました。

今年はなんと「みんなについていけない」って思ってる!!
そのために頑張らなくちゃって思ってる!!

本当に、この一年で、すいぶん周りへ意識が向いてきて、
すごいです。

発表会、楽しみにしてるからね。
2006/10/20 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
作文
「あったらいいな、こんなもの」

ぼくが、あったらいいなと思うのは、
「いつでも日記」です。
「いつでも日記」は、見ただけでは、
ふつうの日記です。
おもさは、ちょっとおもいです。
ページは、100ページはあります。
ひょうしは、赤いです。
「いつでも日記」は、先のことでも
書くとじっこうできます。
たとえば、書く日が6月3日だとすると、
つぎの日は、6月4日で、
「日よう日なので、一日中べんきょう。」
など書きます。
すると、書いた日と同じ日に、
じっこうできます。
水をかけても、すぐかわきます。
火をつけても、もとにもどります。
だから、書いたことは、きえません。
2006/10/12 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
経験と見通し
12月に、市内の特殊学級・養護学級の子ども達の
なかよし発表会(学習発表会)があります。

ぴかぴか達は、他校と合同で発表するので、
今日は他校に練習に出かけました。

ぴかぴかにとっては、昨年に続いて二回目の発表会、
他校に出かける経験もたくさん積んできたので、
今日は、最初の会からきちんと話を聞いて
自分の担当の台詞もきっちり言えてしまいました、
と、迎えに行った時に担任の先生が、今日の様子を
教えてくださいました。

昨年は、最後辺りまで練習どころではなく、とても
大変だったようで、発表会を無事に終えた時、先生は
うるうるでしたね、そういえば…。

自信の持てた経験と、見通しが立つ、ということは、
すごいことだなーと改めて思いました。

また、これからの練習の度の報告と、本番の発表を
楽しみにしています!

お疲れ様でした!
2006/10/03 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
感想
国語のプリントで、感想を書きましょう、との問い。

ぴかぴかの答え:
「考えることがつらいです。だから書けません。」
     ↓
先生の添削:
(花丸)
「わかりました。書けないりゆうが書けましたね。」

これはすごいなぁーと思って、連絡帳にそう書いたら、
先生がその成り行きと意図を教えてくださいました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

2006/09/28 | 学校 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。